脱サラから独立起業までの道のり

やめる決心をする。辞表を書いて提出し、やめる日を迎え、脱サラする。
起業はサラリーマン中からでもはじめることができるが、脱サラした日を起業日とするなら、その日から起業開始。
法人登記するもよし、事業主の届けを出すのもよし、そのままメリットがでる日まで特に届けも出さず起業するのもOKです。

これで晴れてあなたも起業人生がはじまります!